seisaku

はっきりyes!

ピッカピカのまちづくりに Yes!

中村時広知事との連携のもと、工都新居浜の新たなステージへ向けて、ものづくり・観光・サービスを発展させ、稼げるまちづくりを進め、その成果で福祉・教育・医療の充実を図り、ピッカピカの新居浜市に磨き上げます。

地域経済の発展に Yes!

地元大手企業の維持・拡大とともに既在中小企業のビジネスマッチングや海外戦略、新規起業の促進を通じて地域経済を活性化させます。また、産業遺産や山岳観光、スポーツ(えひめ国体、サイクリング、マラソンなど)・文化・太鼓祭り・農林水産業などを支援し、流入人口を増やします。

地域の安心・安全に Yes!

県立新居浜病院・新居浜警察署の建て替えへの道筋をつけるとともに、南海トラフ大地震をはじめとするゲリラ豪雨・土砂崩れ・液状化など様々な災害対応を進めます。

適正な議会・行政の改革に Yes!

人口減少時代に即した議員定数の削減や地域住民の声を聞き取る体制(システム)づくり、産・学・官の連携や、行政の選択と集中を進めます。また、web端末(スマートフォンなど)を使うことで行政を身近に感じ、施設の利用予約などが簡単にできる体制づくりを検討します。

はっきりno!

いびつな格差の拡大に No!

あがいても、あがいても埋まらない中央と地方の格差をはじめ、まちづくり・暮らし・教育など努力が報われない社会から脱け出すきっかけづくりとともに、伸びている分野へのテコ入れを行い全体の向上を図ります。

少子高齢化の拡大に No!

4人の子どもを育てる現役子育て世代として若い世代の雇用の確保、妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援とともに、高齢者の生きがいづくりや社会問題となっている認知症対策に取り組みます。

子ども達の学力・体力・教養の低下に No!

課題が山積みの日本において一朝一夕では実現しない、優れた人材の育成は急務です。公教育の更なる充実はもとより、一流の経済人やスポーツ選手・アーティストを招き夢や希望、目標を持てる教育に努めます。また、体罰やいじめの防止、特別支援学校へ支援など、ハンディキャップを持つ子どもたちの可能性を追求します。

国のトップダウンに No!

「21世紀は地方の時代」と言われていますが未だに地方分権は進んでいません。政治課題は「目の前の現場にある」との考え方で地方の声を中央へ届けるボトムアップの地方分権を目指します。

過去の政策