岩手県のタグを付けられた記事一覧

「心をつなぐ」

 

 こんばんは、古川みおです。すっかり春めいてきましたね。風にのってふんわりと花の香りを感じ、外に出るのがうれしい季節ですね。花粉症をお持ちの方は辛いシーズンに突入でしょうか・・・。お大事になさってください。

 さて、表題の「心をつなぐ」はお読みになった方も多いと思いますが愛媛新聞に連載されていた岩手県宮古市田老と西予市の『ギャラリーしろかわ』とが かまぼこ板の絵 を通して交流を深めているといった内容の連載記事のタイトルです。内容の詳細は割愛しますが、田老の小学生を愛媛に招待したり、親しくなった生徒、親御さんが近況報告をし合ったり・・・と交流は続いているそうです。以下、一部記事内容を抜粋します。

「苦しい思いをした人たちも、今はみんながんばって生きようとしています。その力はどこからくるのか・・・心の中にある記憶であり、思い出だと思います。そして、やはり人の絆です。どれも目には見えず不安定なものかもしれませんが、だからこそ、かけがえのないものだと知りました。」これは田老の教諭が手紙に書いた文面です。

 被災地から遠く愛媛に住み、現地へ赴くこともなく何ができるのか・・・個人では多少の生活用品や募金などの支援が限界だろうか・・・と思い悩む私はこの記事を見てはっとしました。支援といえば目に見えるもの、生活用品や先立って必要なものばかりに目を向けがちです。確かに震災後しばらくは助かった命をつなぐための モノ が必要だったはずです。もちろん今後も目に見える モノ は必要でしょう。ただそればかりではいけません。人は感情を持つ生き物ですから心のつながり、日々の楽しみ、夢、希望といった目には見えないものも必要なのです。苦しい状況だからこそ、楽しみがなければならないのです。何をいまさら・・・といったことですが 不安定なもの、だからこそかけがえがない という言葉が心に染みました。思えば前に向かって進む時、不安定なことばかりです。どんなことが待ち受けているかわからない、その不安を誰もが抱えているはずです。それでも前へ進めるのは夢や希望、可能性を捨てていないからです。強い不安を抱える被災地において「心をつなぐ」ことも非常に大切なことだと痛感しました。

 遠く離れててもできる人道的支援(本来はライフラインなど緊急かつ最低限の生活を確保するための支援という意味でつかわれることが多いですが人としてできる支援、人だからこそできる支援という意味で使います)はまだまだあるということです。

 心をつなぐ「人道的支援」といえば今月25日、宮城県石巻市雄勝町で行われる復興イベントで愛媛が誇る四国中央市の三島高校書道部が書道パフォーマンスを行うそうです。書道部の力強いパフォーマンスはきっとイベント参加者の心に響くことでしょう。様々な支援の形、支援の輪、心がつながることを切に願います。


タグ

復興

打ち合わせを兼ねて愛媛学園に行ってきました。自身の選挙もあり御無沙汰をしていたのですが、久しぶりに学園に入って最初に目に入ったのが以前、学園で生徒たちと交流してくれた松本哲也さんの「学園の仲間たちへ」というメッセージでした。松本さんのホームは岩手県盛岡市であることから今回の地震で現地で奮闘をしています。特に「復興食堂」と言うところを拠点に地域の方々に無償で食事を提供しています。送られてきたメールにも地震の直後の生々しい姿が書かれていますし、本日電話で話した時もこれからのことについて熱心に語っていました。二か月余りが経ち、仮設住宅の整備のめどが付いてきたことや現地を訪れる方々の人間模様も伺いました。ある音楽グループの方は被災地ではミニライブをしてみんなを励ましているふりをして、夜は市内で豪遊してはめをはずしていたなどと不謹慎な話も聞きました。しかし、何よりも現地では私たちが想像もできないようなことが日常のように行われていると言っていました。

 阪神淡路大震災の被災者の方に聞いたことがあるのですが、これから長期に亘っての復興の中で被災者のメンタルヘルスも重要だそうです。アスファルトの上に仮設住宅を建てても劣悪な環境であることには変わりなく、花一つ、木一本生えてない中で今後のことを考えるのは過酷だと思います。せっかく助かったのに自ら命を絶つ人が絶えないそうです。多くの方が不安の中で毎日を過ごされてる中で、きっと松本さんならそういった方々を勇気づけられると思うし、私たちも可能な限りのお手伝いは惜しまないつもりです。今後も連絡を取り合いながら私たちができる復興の手助けをしていきたいと思いますので皆さまからのご助力もよろしくお願いします。

松本哲也さんのメッセージです。


タグ