古川たくやオフィシャルサイト

最新情報

30年前の夢・・・

皆さま御無沙汰をしていました。多くの方々から、「最近ブログの更新がない」都のご指摘を受けて反省をしています。どうも、フェイスブックの方に偏ってしまってました。(フェイスブックもHPのコンテンツの中からも見れます。)これから少しずつ更新していきたいと思います。

さて、タイトルの「30年前の夢・・・」ですが、これは工場誘致、地元雇用の拡大に向けた補助金政策を、昨年度で操業中止となったパナソニックの液晶製造拠点、千葉県の茂原工場の話を東京新聞が取り上げたのもを見ました。

我々も良く「工場誘致に力を入れて下さい。」といった声をかけられます。しかしながら、全国的にそのことが長期的な視点で地域の活性化につながっていないという現状があります。そのことは愛媛県内においても例外ではありません。

帝京大学の黒崎誠教授は「はっきり言って時代遅れの政策ではないか。自治体側は、工場を誘致して地元の雇用が生まれた30年以上前の夢にまだ浸っている。」とコメントしています。

確かにこれまでは国内に生産拠点を作ってもらい、その周りを取り囲むように中小企業が進出し、拠点の生産量が上がることで自動的にその周りも潤うと言った成功モデルが確立していました。しかしながら、国際社会における価格競争の中でその成功モデルは、もはや通用しないのが現状です。

浮き沈みが激しいが激しい中においてどのような形で自治体としての支援をしていくのか、私自身は基礎研究や人材育成を中心にして柔軟に対応するとしか今は言えませんが民間に対して周回遅れになりがちな自治体や地方議会においてスピード感を持って対応していたいです。


書道パフォーマンス甲子園

 こんばんは、古川みおです。長らく更新していませんでしたが、皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?我が家は相変わらずにぎやか(控え目に言えば・・・)です。夏休みに入り、朝から晩まで3人がドタバタ、キャーキャー走り回っています。お世話係の私はもちろん「こらーっ」と追いかけまわす・・・日々。朝ごはんを作り、食べさせ、宿題をさせ、家事を・・・でお昼ご飯を作り・・・宿題を、昼寝を・・・であっという間に夕飯作り・・・とあっという間に1日が終わるわけです(涙)

 と、泣き言はこの辺で終わりにして。

先日、四国中央市で行われた書道パフォーマンス甲子園を観戦(?)してきました。前日に宮城県の南三陸からいらしたお客さん(この話は後日)と一緒に見てきました。書道パフォーマンスといえば、映画『書道ガールズ』で一躍有名になりましたね!書道と言えば静のイメージですが書道パフォーマンスはその概念を覆し、それでいて大きな半紙に書きこむ文字のバランス、墨の色、内容、個性あるパフォーマンスと見どころ満載で非常に芸術性の高いパフォーマンスです。今回は東北から3校が出場しており、辛い経験をした部員たちが、悲しみ、辛さを乗り越え希望と様々なものへの感謝を胸に素晴らしいメッセージを披露してくれました。部員一丸となったパフォーマンス、応援に来た父兄、関係者たちの熱い応援に熱気いっぱいの甲子園でした。どの出場校の作品も素晴らしく、作品だけを見ても胸が熱くなりますが、実際にパフォーマンスを目の当たりにするとまっすぐな一生懸命さに胸がいっぱいになります。一つのことにまっすぐに向かうひたむきさ、迷いや悩みを抱えながら突き進む姿、とても美しく尊いですね。大切な成長過程の思春期に、我が子もこのような経験をしてほしいと切に願います。

 今回の書道パフォーマンス甲子園の全作品は近々、公式ホームページに掲載されるそうですのでぜひ見て下さい!作品を見るだけでも胸が熱くなること請け合いです。ハンカチ、ティッシュもお忘れなく。

 それでは、また近いうちに更新することを誓って(平気かな・・・)眠りに就きたいと思います。おやすみなさい。

 


タグ

優しい男・・・

先日、嫁さんから長男のことを聞きました。書こうかどうか迷ったけど、(親バカがばれてしまうために・・・)書いてしまいます。

というのも、通っている幼稚園の先生から拓海君の中で優しい心が育っていますという話を聞かされました。なぜかと言うとお昼の時間に拓海が一生懸命デザートのリンゴをフォークで細かくしていたそうです。いつもいたずらやきょろきょろしているものですから、また、食べ物で遊んでいるのかと思ったらしく声をかけたら、なんと友達と一緒に果物を食べようとしていたそうです。その友達は、まだ小さいので食べ物は小さめのものを食べていたし、果物はあまり好きではないのでお弁当には入れてなかったそうです。果物がない友達を見つけて、しかもその子が食べやすいように気遣いをしていたとのことでした。

はっきり言って、僕の仕事がら子どもと一緒にいる時間はあまり多いとはいえませんが、いろいろな機会を通じて家族の大切さや自分より弱い者には優しくしようと教えて来ました。多分、僕の影響と言うよりも普段から接している嫁さんのおかげや幼稚園の先生や様々な人のご指導だと思いますが、いつの間にか成長している子どもたちの話を聞いてほっこりさせてもらいました。息子たちには優男は物足りないですが、優しい男になってほしいです。

でも、相変わらずひょうきん者です。

フェイスブック(トップページから入れます。)に載せましたが、文化センターと楽屋をつなぐ廊下です。これでは、雨でぬれてしまいます。


「借金のツケ 孫に回さぬ」!!!

これは鳥取市庁舎の整備を巡る住民投票の結果を受けての読売新聞の見出しです。

今、新居浜市でも駅前に建設予定の総合文化施設の賛否を問うための住民投票を実現するための署名運動を展開しています。

63億5千万円と言う多額の建設費用と年間1億6千万円のランニングコスト。僕は大型施設の建設に対してすべてを否定しているわけでもないし、新居浜市に美術館がいらないとも思っていません。けれども、これだけの費用をかけて市が目指している施設は本当に多くの市民の為になるのかが気がかりです。モノの値段と言うのは人それぞれですから、金額の多寡で決められるのものではないと思いますが、いくら赤字を前提にした公共施設だとはいえ現計画では、その費用対効果はかなり低いと言わざるを得ません。しかも、これまで広報をしてきたとはいえ大多数の市民はそのほとんどを知らないことも大きな問題です。

当然、市民に一番身近な市政に関心を持ってもらえなかったことについては、市政に携わってきた僕も含めた運営側にも責任があると言えます。しかし、今回の住民投票への動きは市民に今一度まちづくりに関心を持ってもらう最高の機会だと思っています。48年前に同じような運動がおこったと聞いていますが、(当時は議員の報酬の削減等々だったそうです。)市民一人一人が市政に意思を表示する素晴らしい機会になると思います。

「なぜこのタイミングなんだ?」ということを耳にしますが、大多数の市民がうかがい知れないところで進められていた計画に対して、情報を提供し民意を反映する素晴らしいチャンスであり、市民が必要な情報を知った上で判断する最後の機会です。

中には、住民投票こそ税金の無駄遣いだと言われる方がいると聞き、驚いているところですが市民の賛否を聞くことに対してそれほど問題があるのでしょうか?住民参加は住民自治の最たるものだと思いますが・・・

僕自身は現在の計画ははっきりと見直すべきだと思います。これまでご尽力いただいた方には申し訳ありませんが、どう考えても後世に負担を付け回しにすることが目に見えているからです。施設内容のどれをとっても多額の費用をかけて建設するものではないし、市内の他施設を利活用することで代用がきくものばかりです。市議会時代は組織に所属していましたし、様々な議論を経て決まった内容には従っていましたが、今は違った立場から自分自身の意見をはっきりと言わせてもらえるようになりました。

今回の運動を通じて、多くの市民が持っている不満も聞かせて頂いています。僅かばかりですが予算の使い方を学んだものとして単純に施設建設費用を皆さんの要望に応えるために使えるものでもないということも理解しているつもりです。しかし、多くの市民は関係者が思っている以上に新居浜市の将来やそれを担う子どもたちをどのようにして育んでいくかという事を考えています。

見通しの甘さから運営に失敗した施設は市内外にたくさんあります。現代に生きる我々だけではなく、未来の新居浜市民にも喜んでもらえる施設の建設を(現計画も含めて)市民一人一人が責任をもって選択をすることが出来る住民投票の実現に向けて全力で取り組みたいと思います。


読み聞かせ

 こんにちは。古川みおです。気がつけばずいぶん長い間投稿もしていませんでした。何かと忙しい年度末、書類や子どもの行事に追われているうちにもう5月も半ばです。我が家では、長女が小学校へ入学、次男が幼稚園に入園というまさに生活スタイルが様変わりしました。小学校の制服を着るとおおきくなったなぁと感慨もひとしおです。兄弟一の甘えん坊の長男も楽しそうに幼稚園に通っていて一安心。そして私はしなければいけないことに追われ、明け方まで起きているなんてことも多々ある日々。眠くて布団までたどりつけずにリビングで倒れたように眠る・・・と「女子力」だ、「美魔女」だと女性美がさけばれる現代女性とはかけ離れた日々を過ごしていました。

 さて、年度も変わり(とっくに変わった・・・)私も新たな活動を始めました。それは小学校での読み聞かせです。小学校では「石山タイム」なる朝の勉強タイムを設けています。泉川小学校では1~3年生は「地域の人が読み聞かせをする」ということになり、その読み聞かせ人として毎週金曜日に学校に出向いています。3歳児と2歳児を連れて・・・と何とも逆に迷惑ではないのか?と思いつつも読み聞かせをする私も楽しんで、そして朝からすっきりとした気持ちで過ごしています。読み聞かせは子どもにとっていいことだと言われていますが、大人にとってもいいことだと感じています。長女が小さい頃は寝る前の日課だった読み聞かせもいつのまにかたまに・・・時間があったら・・・と遠のいてしまった今、再度読み聞かせをしてみようと思います。


スポーツマンたくやの真骨頂!!

最近は嫁サンに頼りっぱなしで皆さんからも厳しいご指摘が続いています。周りの皆さんも嫁さんのファン。ブログも人気でそろそろ独立しそうな勢い!昨夜も集めた新聞片手に更新してました。そして、いつものように待っている間に寝てしまう自分がいます。でも、政治には絶対に関わりたくないそうですから、その部分だけは今のところ安泰です。

話しを活動に戻しますが最近は「スポーツマンたくや」を思う存分発揮しています。

最初に、3月18日(日)に行った「第4回新居浜フットサル選手権大会」!これは、新居浜にフットサルコートをつくろうを合言葉に始めた大会で、念願かなって中萩にコートは出来たもののなかなかの人気大会になっていしまい、継続しています。今回も16チーム、160人。そして、中学生から50歳代の大人、女性の参加もありとっても賑わいました。次の目標は、5年後の国体に向けた、グリーンフィールドの施設整備を掲げていきます。参加してくれた皆様、関係者一同に感謝しています。

そして、20日は久しぶりのランニング。午後から、いつものホームグランドで18キロも走ってしまいました。天気も良く最高の日和でした。

そして、明けた21日は、愛媛マンダリンパイレーツを招いての泉川中学校での野球教室。いい機会なので船木中学校の野球部も招いての合同開催です。しかも、県政報告番組にも出ると言うおまけ付き。マッスンさん?もインタビューに来てくれていました。

しかし、今回で3回目。毎年恒例となったとはいえ早3年も経つのかと僕自身もびっくりしています。けれども、子どもたちの真剣なまなざしを見ると応援しないわけにはいきません。その成果なのか、近年の泉中の大会成績も良くやりがいがあります。

初めての当初予算となった2月県議会と二度目の質問も無事終わり、すべてを出しつくした感があります。そのせいか、早速子どもたちから風邪をもらいグロッキー状態です。嫁さんや周りの人からよく虚弱体質と言われますが、否定できない自分がいます。「スポーツマンたくや」というより、むしろ「スポーツをこよなく愛するたくや」としてスポーツマンのネーミングは外した方がよさそうです。質問でも子どもたちの体力向上を掲げただけに自らも有言実行でがんばらなければなりません。

週末からは、東北へ復興支援に向かいます。スポーツで学んだ熱いハートで支援も頑張りたいと思います。

子どもたちとご対面!

新居浜出身、大井選手。

左はしのオレンジがマッスンさん?

選挙カー顔負けのラッピングカー。


「心をつなぐ」

 

 こんばんは、古川みおです。すっかり春めいてきましたね。風にのってふんわりと花の香りを感じ、外に出るのがうれしい季節ですね。花粉症をお持ちの方は辛いシーズンに突入でしょうか・・・。お大事になさってください。

 さて、表題の「心をつなぐ」はお読みになった方も多いと思いますが愛媛新聞に連載されていた岩手県宮古市田老と西予市の『ギャラリーしろかわ』とが かまぼこ板の絵 を通して交流を深めているといった内容の連載記事のタイトルです。内容の詳細は割愛しますが、田老の小学生を愛媛に招待したり、親しくなった生徒、親御さんが近況報告をし合ったり・・・と交流は続いているそうです。以下、一部記事内容を抜粋します。

「苦しい思いをした人たちも、今はみんながんばって生きようとしています。その力はどこからくるのか・・・心の中にある記憶であり、思い出だと思います。そして、やはり人の絆です。どれも目には見えず不安定なものかもしれませんが、だからこそ、かけがえのないものだと知りました。」これは田老の教諭が手紙に書いた文面です。

 被災地から遠く愛媛に住み、現地へ赴くこともなく何ができるのか・・・個人では多少の生活用品や募金などの支援が限界だろうか・・・と思い悩む私はこの記事を見てはっとしました。支援といえば目に見えるもの、生活用品や先立って必要なものばかりに目を向けがちです。確かに震災後しばらくは助かった命をつなぐための モノ が必要だったはずです。もちろん今後も目に見える モノ は必要でしょう。ただそればかりではいけません。人は感情を持つ生き物ですから心のつながり、日々の楽しみ、夢、希望といった目には見えないものも必要なのです。苦しい状況だからこそ、楽しみがなければならないのです。何をいまさら・・・といったことですが 不安定なもの、だからこそかけがえがない という言葉が心に染みました。思えば前に向かって進む時、不安定なことばかりです。どんなことが待ち受けているかわからない、その不安を誰もが抱えているはずです。それでも前へ進めるのは夢や希望、可能性を捨てていないからです。強い不安を抱える被災地において「心をつなぐ」ことも非常に大切なことだと痛感しました。

 遠く離れててもできる人道的支援(本来はライフラインなど緊急かつ最低限の生活を確保するための支援という意味でつかわれることが多いですが人としてできる支援、人だからこそできる支援という意味で使います)はまだまだあるということです。

 心をつなぐ「人道的支援」といえば今月25日、宮城県石巻市雄勝町で行われる復興イベントで愛媛が誇る四国中央市の三島高校書道部が書道パフォーマンスを行うそうです。書道部の力強いパフォーマンスはきっとイベント参加者の心に響くことでしょう。様々な支援の形、支援の輪、心がつながることを切に願います。


タグ

決意の背中

 

 こんばんは、古川みおです。昨日長女の卒園式を終え、一息ついた我が家です。県内の中学、高校と卒業式が終わり、来週は小学校の卒業式ですね。別れの寂しさ、新しいステージへの不安、期待、色々な気持ちが混ざり合い、ウキウキするような心地よい緊張を感じるこの季節。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、我が家の長男(3歳)はこの春年少さんになります。秋から半年間長女と一緒に幼稚園に通っていました。長男は体は大きく力もあり、性格は優しいタイプ。それでいてやんちゃでイタズラ好き、泣き虫で甘えん坊・・・と一言(?)でいうならそんな子です。

その長男、昨日長女が卒園したので今日からは一人で登園することになりました。卒園式の夜、「明日から一人?」「えーっ、一人かぁ」等と言っていたのでてっきり泣いてすんなり登園するとは思いもしませんでした。

ところが、今朝「一人で行ってくるね~」と何やら頼もしい発言!半信半疑で幼稚園に送っていくとまるで何かの宣言をするかのように門の前の先生に「おはようございまーす!!」と大きな声であいさつをし、ぱっと車から降りて振り返りもせずに一目散に園内に走って行ったのです。いつもは気分によっては車から降りず、先生に抱きかかえられたり振り返って手を振ったりしていた長男が・・・です。

一気に走っていくその小さな背中が、「大丈夫、一人でもちゃんと行けるよ!頑張るよ!!」と強い決意を物語っているように見えました。甘えん坊だ、泣き虫だと思っていた長男が何とも頼もしく、親の心配もよそにたくましく育っていることがうれしいような寂しいような、誇らしいような・・・春にふさわしい感慨深い気持ちでした。長女も弟が一人で登園することを心配していたのか、長男が走っていく背中を見ながら「すごいねっちゃんと一人で泣かないで行ったね!!えらいね!!」と興奮気味。弟二人の小さなママになっている長女も弟の力強い後ろ姿に思う事があったようです。卒園式から涙腺がゆるみっぱなしの私は帰りの車中でも目頭が熱くなったのでした。

 

 卒園式では入園時、あきらかに雰囲気も見た目も行動も幼くて心配した3月生まれの長女が、立派に卒園証書を受け取る姿を見て感動。そして今日の長男の強い決意を感じた後ろ姿。目頭を熱くさせてばかりではいられません。私も負けてはいられない、と気持ちを新たにした春の日でした。


愛媛マンダリンパイレーツと泉中

昨晩、愛媛マンダリンパイレーツ新居浜後援会の交流会が行われました。今回も泉川中学校野球部の顧問の先生と一緒にお邪魔させて頂きました。ここ数年、参加させてもらっているのですが、今までと違うのは新たに新設された顧問の一人として(県議会議員の当て職ですが・・・)受け入れる側になったということです。野球は正直得意とは言えず、ルールも曖昧です。お世話できるのかは自信がありませんが僕なりのやり方で支援していきたいと思っています。

ちなみにタイトルの「愛媛MPと泉中」実は3年前に子供たちのためになれば!との思いでつないでから今回で3回目となる野球教室を開きます。これは、MPの牟田さん、一宮グループの中本さん、野球部の山中先生と僕の四人で構想を練って開催出来ることとなりました。しかも当日は、船木中学校野球部も参加して頂けそうとのことで40人近い野球部生が集合して中学校グランドを所狭しと動き回る予定です。しかも、地元CATV、テレビ愛媛が県政広報番組として駆けつけてくれるそうです。

都合3回目となれば子供たちも慣れたもので、県民球団として身近な存在になってくれればとの思いでしたが、身近になりすぎてなんかありがたみがなくなってしまっているような気がします。

けれども、そのくらい協力してくれているわけですから僕も愛媛MP,しっかりと支援していきたいと思います。ちなみに、新居浜市出身の大井選手が新たに加わりましたから熱い応援をよろしくお願いします。


門出

 

  今日(日付が変わって昨日)は長女の卒園式でした。周りのお父さんと同じく(お父さん方お疲れ様でした)、ビデオ係を引き受け頻繁に「トイレ~」と言い出す長男の世話をし、日頃の育児に追われる妻に目頭をおさえる場面を譲り続けたわけです。卒園児がお別れの言葉と歌を・・・という感動クライマックスの時、僕は長男のトイレにつきあってました。家でもよくお別れの歌を歌ってた長女。なかなかいい曲でお風呂で一緒に歌ったりしたのに!!まさかその歌を最愛の長女の姿を見ながらではなくトイレで、しかも長男の用を足す姿を見ながら聞くことになろうとはっっっ!!!

 席に戻るとハンカチで目元をおさえる妻の姿がありました・・・・。

在園児が書いた卒園児の似顔絵。いい味出てます!

厳粛な雰囲気ただようお祈りスペース

この日までおちゃらけモードの長女