自由民主党離党に関して

自由民主党離党に関して

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが本日、25日付の自由民主党離党届を清家幹事長に提出してきました。事務手続き上、議会事務局の方にご迷惑をおかけしないような日程と言う事で25日付けという事になりました。

 大学を卒業してから議員秘書、市議会議員、県議会議員と長年お世話になった自民党に対して、これからお返しが出来るようになった中でのこのような決断は私自身大変申し訳ない気持ちです。関係者にはこのような形での離党に対する謝罪とこれまで様々な形でのご助力に感謝を申し上げたいと思います。

 今回自民党から離れることに関しては決して自民党を否定するものではなく、かといって民主党が良いという事でもなく新たな選択肢の必要性を感じている中で地方から国に向けて声を上げていけることが出来る組織作りに関わりたいという思いからの行動です。

 皆さんもご存じのとおり東京一極集中は相変わらず続いています。愛媛のことは愛媛で考え、新居浜のことは新居浜で考えることが当たり前のはずですが、現状では与えられたメニューの中から選ばざるを得ません。仮に自ら考えたところでそれを実現するためにはかなりのハードルを越えて行かなければなりません。右肩上がりの発展をし、全国津々浦々を画一的に発展させてきたこれまでの日本であれば良かったのかもしれませんが、成熟した社会において地方が個性を持ち様々な独自の取り組みを行わなければこれ以上の発展は望めないのが現状です。まして、世界一の少子高齢化と財政赤字を抱えていることを考えると改革は急務です。

 二大政党制が掲げられてきましたが日本の風土にはあまりなじまず、今では消去法による選択を取られている方も多いように感じています。新たな第3の選択肢を作ることがまた、政治の活性化にもつながると信じています。

 国においても地元新居浜市においても内憂外患の言葉通り私たちにとって大変厳しい状況が続いています。この状況を打開するためにも誤りなき途をしっかりと踏みしめていきたいと思っています。

 皆さまには何卒、意のあるところをおくみ頂きこれまでと変わらず叱咤激励を賜りますよう宜しくお願い致します。


タグ

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

コメント

  1. 横山泰三 より:

    政治家の本分を忘れ、政党間のかけ引きばかりのニュース。

    炭坑節なら少しは前進するけど、
    つまらんことに時間を浪費して、どんどん世界から取り残されているように思います。
    真剣に国を思っている政治家がいるのだろうかとうんざりしながら
    TVをみています。

    私は素人でよく分かりませんが、
    政治家もずいぶんスケールが小さくなったと感じています。

    龍馬のような政治家が出てこないと日本は危ないと思います。

    第三局も前途多難、こきおろしだけは上手な既成政党からの風当りも強いと思いますが、
    “これではいかん”と燃えている人々が結集して、
    日本を変えてくれることを願っています。

    行き詰まり状態、少々間違っても、風を変えないとジリ貧だと思います。

    頑張ってください。

    • takuya より:

      横山さん、いつもありがとうございます。皆さまのご理解があればこそ思いきった政治活動が出来ています。まさに、旧態依然とした人たちからの風当たりが強くなってきました。けれども、皆さんがご存じのようにこのままでは「ジリ貧」です。将来世代を犠牲にして我々は生きているわけですから、この仕組みを抜本的に変えていかなければならないと感じています。たくさんのエネルギーが必要な作業ですがとことんやってみたいと思っています。どうぞこれからも宜しくお願いします。 古川拝

  2. 阿部 剛史 より:

    大きな志を持ってることを充分承知していますので、今回の貴殿の決断には賛成します。
    頑張れ拓ちゃん。応援します。

    • takuya より:

      阿部さん、いつもご心配かけて申し訳ありません。何も取り柄のない人間ですが、これからも市民が感じている当たり前のことをこれからも伝えていきたいと思います。


コメントを投稿する




»
«