優しい男・・・

優しい男・・・

先日、嫁さんから長男のことを聞きました。書こうかどうか迷ったけど、(親バカがばれてしまうために・・・)書いてしまいます。

というのも、通っている幼稚園の先生から拓海君の中で優しい心が育っていますという話を聞かされました。なぜかと言うとお昼の時間に拓海が一生懸命デザートのリンゴをフォークで細かくしていたそうです。いつもいたずらやきょろきょろしているものですから、また、食べ物で遊んでいるのかと思ったらしく声をかけたら、なんと友達と一緒に果物を食べようとしていたそうです。その友達は、まだ小さいので食べ物は小さめのものを食べていたし、果物はあまり好きではないのでお弁当には入れてなかったそうです。果物がない友達を見つけて、しかもその子が食べやすいように気遣いをしていたとのことでした。

はっきり言って、僕の仕事がら子どもと一緒にいる時間はあまり多いとはいえませんが、いろいろな機会を通じて家族の大切さや自分より弱い者には優しくしようと教えて来ました。多分、僕の影響と言うよりも普段から接している嫁さんのおかげや幼稚園の先生や様々な人のご指導だと思いますが、いつの間にか成長している子どもたちの話を聞いてほっこりさせてもらいました。息子たちには優男は物足りないですが、優しい男になってほしいです。

でも、相変わらずひょうきん者です。

フェイスブック(トップページから入れます。)に載せましたが、文化センターと楽屋をつなぐ廊下です。これでは、雨でぬれてしまいます。


トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«