読み聞かせ

読み聞かせ

 こんにちは。古川みおです。気がつけばずいぶん長い間投稿もしていませんでした。何かと忙しい年度末、書類や子どもの行事に追われているうちにもう5月も半ばです。我が家では、長女が小学校へ入学、次男が幼稚園に入園というまさに生活スタイルが様変わりしました。小学校の制服を着るとおおきくなったなぁと感慨もひとしおです。兄弟一の甘えん坊の長男も楽しそうに幼稚園に通っていて一安心。そして私はしなければいけないことに追われ、明け方まで起きているなんてことも多々ある日々。眠くて布団までたどりつけずにリビングで倒れたように眠る・・・と「女子力」だ、「美魔女」だと女性美がさけばれる現代女性とはかけ離れた日々を過ごしていました。

 さて、年度も変わり(とっくに変わった・・・)私も新たな活動を始めました。それは小学校での読み聞かせです。小学校では「石山タイム」なる朝の勉強タイムを設けています。泉川小学校では1~3年生は「地域の人が読み聞かせをする」ということになり、その読み聞かせ人として毎週金曜日に学校に出向いています。3歳児と2歳児を連れて・・・と何とも逆に迷惑ではないのか?と思いつつも読み聞かせをする私も楽しんで、そして朝からすっきりとした気持ちで過ごしています。読み聞かせは子どもにとっていいことだと言われていますが、大人にとってもいいことだと感じています。長女が小さい頃は寝る前の日課だった読み聞かせもいつのまにかたまに・・・時間があったら・・・と遠のいてしまった今、再度読み聞かせをしてみようと思います。


トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«