「富士山はなぜ高いのか。」

「富士山はなぜ高いのか。」

みなさん、「富士山はなぜ高いのか。」分かりますか?これは過日に政治評論家の有馬晴海さんに教えて頂いた言葉です。答えは「すそ野が広いから」ということです。有馬さんは人生や人間の器を語る時にこのなぞなぞを引き合いに出すそうです。

僕は「富士山はなぜ高い?」「〇×△?」でした。

どんなに強固な物でも富士山の高さまで積み上げるのは不可能であり、まさに人間に置き換えるならば、人間として高くなるためにはすそ野が広くなければならない。すなわち、すそ野に当たる部分をより多く身につけなければならないという事でした。

僕自身を振り返ってみると、安定感のないタワーの上に立っているようなものだと感じています。すごいスピードでここまで来ることが出来ましたが、これからは特にすそ野を広げる活動をしていかなければならないとも考えています。年明け早々に今年の目標を打ち立てて、少しずつ実行に移していますがこれからは安定感のある土台づくりに励みたいと思います。


トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«