壊れてしまいました。

壊れてしまいました。

ここ数ヶ月間おせわになっていたミニカ(軽自動車、ミニカーではありません。)がついに壊れてしまいました。

前のオーナーが廃車にするところを譲り受けた車で小さくて小回りが利き、市内をぐるぐる回るにはちょうど良かったのですが15万キロをオーバーしてその瞬間がやってきました。地元の会合に行こうと思い、少し時間があったのでエンジンオイルを足して、ついでにエンジンの調子が上がると言われているオイルを添加したのが命取りでした。さっそうと車を走らせたのもつかの間、ひどいノッキングが始まり、あわてて友人に電話したのもつかの間、後方が全く見えないほどの白煙が立ち込め、あわや爆発か!と思ったところでストップ。一命を取り留めました。(かなり大げさですが・・・)車屋さんに問いあわせたところ古い車に添加剤を入れると中がきれいになりすぎてエンジンが焼きつくとのこと、すさまじい白煙の中で電話している姿はさぞ危険な雰囲気だったと思います。

ミニカで松山に通っていたのでよく高速道路でトラブルにならなかったのが不幸中の幸いだと諦めて、よく頑張ってくれたミニカに感謝しつつ廃車の手続きを済ませました。選挙が終わって自転車から解放されたのもつかの間、また自転車生活に戻ってしまいました・・・


トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«