優しいね・・・

優しいね・・・

 

 こんにちは、古川みおです。今日は暖かいですね。最近、洗濯を夜にしてるのでこの日差しの恩恵を受けてません・・・。残念。このところ、インフルエンザ、嘔吐下痢症等が流行っているみたいですので皆様お気を付け下さい。

 今朝のこと、我が家の長男(2歳)がドアを力いっぱいバッターーンと閉めていたので「ゆっくり閉めてね。危ないから。」と言うと、「ゆっくり?」と考え込んで今度はゆっくり歩いてドアをバッターーンと閉めていました。ゆっくりするところ違うよ・・・。次は言い方を変えて「静か~に閉めてね。」と言うと人差し指を鼻にあてて「シーーッ」とドアに注意してからバッターーンと閉めます。ドアが静かに閉まってくれないと思ったのか・・・。次こそ伝わってーと「優しくだよ。優しく閉めてみてね。」と言ってみました。2歳の頭で一生懸命考えてる様子です。どんな風にドアを閉めたか想像つきますか?

そうです。ドアに優しーい手つきで「いいこ、いいこ」をしてました。

優しくって言ったもんね。間違ってないよ。ドアに優しくできたね。えらいぞ!!伝えるって難しいですね・・・。ドアに優しくしたことを褒められてニコニコの長男。慌ただしい時間の温かい一時でした。


トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

コメント

  1. 姉より より:

    和むね!!
    しばらく見ない間にさらに癒し系になっているようで…
    子どもって「そうきたかーっ!!」てことするので面白い反面、伝えることの難しさを感じるね。


コメントを投稿する




»
«