2011年07月の記事一覧

手紙。

以前に市内の有志によって野球道具をプレゼントした石巻市立大川中学校野球部の皆から手紙がきました。新しいユニフォームでの女の子一人を入れた8人の写真は輝いていました。中学総体では一回戦で11対0で負けてしまったのですが次の大会では悔いを残すことがないように頑張るとのことでした。

それぞれが大切にしていたものを失ってしまったのにもかかわらず、前向きに力強く生きている姿にはこちらが励まされます。この逆境を乗り越えていくにはまだまだ時間が必要だと思いますが、わずかでも抱えている荷物を一緒に背負っていきたいです。

復興に向けて前途多難ですが、日本国民の英知を結集して行かなければなりません。対応の遅れが多くの人を悲しませているのです。人災とならないよう頑張っていきます。


思春期の子ども達について

こんばんは。
古川たくやの義姉の折田菜緒です。

昨日お話し合いをさせていただいた思春期の子どもをもつ保護者の皆様にお礼を言わせていただきたく、突然ですが登場させていただきました。

中学生という難しい年頃の子どもをとりまく様々な問題や対応、たくさんのお話し合いをさせていただきましたが、どの意見も

子ども達により多くの未来への選択肢を増やしていく

というとても大切な共通目標がありました。

たくさんのご意見と熱く楽しい時間をありが
とうございました!!

臨床心理士という立場から中学生や保護者の方とお話しをさせていただく機会は多いのですが、大人数でお話しをすることはあまりないので、とても良い機会となりました。

これからも、子ども達が健やかに成長していけるように大人ができる限りのサポートをしていきましょう!!


タグ

ディベート甲子園。

新居浜西高生が8月6日に行われるディベート甲子園全国大会に出場するので「道州制について」話がしたいと連絡がありました。妻からも「全国大会にでるくらいだから、あなた一人では物足りないのでは?」と言うするどい指摘を受け新居浜市役所の精鋭に同席してもらい市役所内で話をしました。さすが中四国代表だけあってしっかりとした理論武装も出来ていて逆にこちらが指摘される場面もありました。ディベートですから「道州制」を肯定、否定派のどちらが正しいというよりも、如何にして自分たちの意見に正当性があるのかという部分に重きが置かれるので、私たちのように先入観があると頭の切り替えがなかなか出来なくて苦戦しました。目標は決勝リーグに残ることという事なので是非、達成して朗報を聞かせてほしいと思います。私たちも良い刺激になりました。

白熱して予定を大幅に超えました。


タグ

国体選手選考会。

昨日、自転車競技の選考会に新居浜出身の小西くんの応援と関係者との意見交換のため松山競輪場に行ってきました。生まれて初めて入った競輪場はかつて私が持っていたイメージとは全く違いさわやかなスポーツ施設でした。実際は私のうかがい知れないいろいろなドラマがあるのでしょうが、子供づれでも抵抗なく入れました。さらには、1階にある競輪選手のフロアーまで入れてもらい長男と一緒になってはしゃぎ、親子で皆さんに迷惑をおかけしました。ちなみに小西くんは現在大学4年生、早々に就職を決め大学生活最後を有終の美で飾るために今回の挑戦となりました。短距離ではあまり良いタイムが出せませんでしたが、仕事のために泣く泣く帰ったあとの4キロで爆発、愛媛県出身のプロを上回るタイムで堂々の1位、今国体の選手として選ばれました。中高生時代はサッカー部に所属して不遇の時代を送りましたが自転車に乗り始めて才能が開花、本人のたゆまぬ努力が結実し今回に至りました。是非、今国体は愛媛県の代表として活躍してくれることを期待しています。


タグ