2011年05月の記事一覧

晴耕雨読

台風2号の接近で予定していた会合がキャンセルになりました。朝から子供たちと騒いで嫁さんに怒られ、さあこれからたまっていた本でも読もうかと思った矢先に消防団から集合の連絡がありました。今は地域のおばあちゃんの家に土嚢を届けて帰って来たところです。まだまだ晴耕雨読の生活にはなれそうもありません


「想い」

 こんにちは。古川みおです。もう梅雨になったのでしょうか?すっきりしない天気が続き週間天気予報でも傘マークが並んでますね。蒸し暑かったり肌寒かったりで体調を崩しやすい時期です。お気をつけください。

 選挙が終わり、今まで頑張って元気でいてくれた子どもたちが次々と熱を出したり中耳炎になったりまた雑務処理をしていたらあっという間に5月も終わろうとしています。子どもたちは敏感な時期に気持ちの上でも生活環境でも負担をかけてしまい申し訳ない気持ちと最後まで最高の応援をしてくれた感謝の気持ちでいっぱいです。長女、長男は選挙中の父親を見て自分たちで作った旗をふって「パパがんばれー」と叫んでいました。古川も選挙戦最後の辛い時期に大いに励みになったことと思います。ちなみにその自作の旗ですが、こう書いてありました。

「パパかんはれ はつきりいえす はつきりの」

がんばれ→かんはれ 濁点がわからなかった様子・・・。そしてなぜか横に日の丸が書かれてました。旗=国旗だと思っていたのでしょうね。古川のスローガンでもある「はっきりYES!はっきりNO!」を覚えていた長女。YES、NOが読めなくて「英語が読めないから教えて~」と聞きにきて一生懸命覚えたんだろうなと思うと胸が熱くなります。ついでに目頭も熱くなります。

 多くの人、多くの出来事に支えられ励まされて結果を出すことが出来ました。古川拓哉、その大きな「想い」を背負って地道にまっすぐ進んでいくことと思いますので今後とも叱咤激励頂ければと思います。

 


復興

打ち合わせを兼ねて愛媛学園に行ってきました。自身の選挙もあり御無沙汰をしていたのですが、久しぶりに学園に入って最初に目に入ったのが以前、学園で生徒たちと交流してくれた松本哲也さんの「学園の仲間たちへ」というメッセージでした。松本さんのホームは岩手県盛岡市であることから今回の地震で現地で奮闘をしています。特に「復興食堂」と言うところを拠点に地域の方々に無償で食事を提供しています。送られてきたメールにも地震の直後の生々しい姿が書かれていますし、本日電話で話した時もこれからのことについて熱心に語っていました。二か月余りが経ち、仮設住宅の整備のめどが付いてきたことや現地を訪れる方々の人間模様も伺いました。ある音楽グループの方は被災地ではミニライブをしてみんなを励ましているふりをして、夜は市内で豪遊してはめをはずしていたなどと不謹慎な話も聞きました。しかし、何よりも現地では私たちが想像もできないようなことが日常のように行われていると言っていました。

 阪神淡路大震災の被災者の方に聞いたことがあるのですが、これから長期に亘っての復興の中で被災者のメンタルヘルスも重要だそうです。アスファルトの上に仮設住宅を建てても劣悪な環境であることには変わりなく、花一つ、木一本生えてない中で今後のことを考えるのは過酷だと思います。せっかく助かったのに自ら命を絶つ人が絶えないそうです。多くの方が不安の中で毎日を過ごされてる中で、きっと松本さんならそういった方々を勇気づけられると思うし、私たちも可能な限りのお手伝いは惜しまないつもりです。今後も連絡を取り合いながら私たちができる復興の手助けをしていきたいと思いますので皆さまからのご助力もよろしくお願いします。

松本哲也さんのメッセージです。


タグ

自由民主党愛媛県支部連合会第55回定期大会。

いわゆる自民党県連の大会がありました。かれこれ10回近く秘書時代から参加しているのですが、仕事は相変わらずのようです。秘書の頃は、来賓のお出迎えからお茶出し等が仕事でしたが現在は入り口にて大会用のパンフレット配りです。立場は変われど仕事は変わらず雑巾がけをやっています。しかし、大会宣言にもあったように日本は今、未曾有の国難に遭遇し、国家の存亡、盛衰を決する重大な岐路に立たされています。雑巾がけであっても、国家を左右する決断であってもそれぞれの立場の人が一生懸命に与えられた仕事を成し遂げていかなければ日本は変わらないとも思います。たかが雑巾がけ、されど雑巾がけ。しっかりと政治の下積みという名の雑巾がけをしていきたいと思います


タグ

第9回マリンパーク新居浜、アクアスロン大会。

新居浜で毎年行われているアクアスロン大会の打ち合わせに行きました。以前からランニング仲間に声をかけられていたのですがなかなか伺う事が出来ずにいたところを多くの方にお誘い頂き思い切って参加しました。アクアスロンとは水泳とマラソンを行い、その合計タイムを競う競技です。選挙中に8キロ以上の激ヤセを経験したものの、その後の連日の会合によるリバウンドを体感している今、この大会のチャレンジの部に5歳になる長女と挑戦することを目標に体重の現状維持を目指すことをこの夏のテーマにしようかと考えています。何はともあれ、今年の大会は7月10日(日)に開催するので多くの皆さんのご参加をお待ちしています。


初登庁!初議会!

6月の臨時議会が行われ、改選後初めて、議会に行ってきました。臨時議会では正副議長の決定と東日本大震災に伴う福島第一原発事故を受けた「原発の安全対策強化などを求める意見書」が賛成多数で可決、議員提出による議院報酬10パーセント削減も全会一致で可決されました。当日の朝は、県職員さんの誘導に従って議事堂に入ったのですがそのときの報道関係者には驚きました。西原司議員が先に入ってカメラの洗礼を受けているうちにそそくさとバッチを付けてもらい上がろうとしたのですが、当然逃げ切れるわけもなく同じようにインタビューを受けました。後日、その様子がテレビで流れていたとのことで多くの方々からご連絡を頂きましたが、市議会にいたころとは違い県議会というものへの注目度の高さには驚いています。


壊れてしまいました。

ここ数ヶ月間おせわになっていたミニカ(軽自動車、ミニカーではありません。)がついに壊れてしまいました。

前のオーナーが廃車にするところを譲り受けた車で小さくて小回りが利き、市内をぐるぐる回るにはちょうど良かったのですが15万キロをオーバーしてその瞬間がやってきました。地元の会合に行こうと思い、少し時間があったのでエンジンオイルを足して、ついでにエンジンの調子が上がると言われているオイルを添加したのが命取りでした。さっそうと車を走らせたのもつかの間、ひどいノッキングが始まり、あわてて友人に電話したのもつかの間、後方が全く見えないほどの白煙が立ち込め、あわや爆発か!と思ったところでストップ。一命を取り留めました。(かなり大げさですが・・・)車屋さんに問いあわせたところ古い車に添加剤を入れると中がきれいになりすぎてエンジンが焼きつくとのこと、すさまじい白煙の中で電話している姿はさぞ危険な雰囲気だったと思います。

ミニカで松山に通っていたのでよく高速道路でトラブルにならなかったのが不幸中の幸いだと諦めて、よく頑張ってくれたミニカに感謝しつつ廃車の手続きを済ませました。選挙が終わって自転車から解放されたのもつかの間、また自転車生活に戻ってしまいました・・・