2010年の記事一覧

大丈夫??

24日、民主党政権による二度目の予算案が閣議決定されました。一般会計はなんと過去最大の92兆4116億円です。税収(収入)が40億9270円で国債(借金)が約44兆円と明らかに身の丈を超えたものになっています。政権交代により国の形がより良い方向へ大きく変わることを期待した国民を今のところはがっかりさせています。長期債務も891兆円と過去最大に膨らみ、国民は「おぎゃ~」と生まれた時から約524万円の借金を背負っている計算になります。当然、ここに至るまでには様々な経緯があり、民主党だけの責任ではないのですが、普通の感覚で言えば、この借金の多さは異常事態だと考えるはずです。将来の国のビジョンを示すことはなかなか難しいと思いますが菅総理の掲げた「最小不幸社会」の実現に向けて、しっかりと具体性のある国家運営をして頂きたい。そうすれば、国民も痛みを共に分かち合ってくれると思います。

昨日はまさき育成園のクリスマス会に参加させて頂きました。利用者さんや職員さんもお忙しい中、手作りの温かい催しでした。現在、施設を新築しています。先般、現在作り終えている部分を見学させてもらいましたが、もともとの施設を知っている方が見たら驚くと思います。しかし、建設が決まるまでにはいろいろな過程があり、多くの苦労があったそうです。また、4月からは通所利用の方も受け入れるそうで、作業を現在のバリエーションから増やしたいとの相談を受けていたので、地元の実績ある企業を紹介したので上手くいくと良いなと思っています。

クリスマス会の様子です。


タグ

新兵器。

これからの期間に大変有効な新兵器を手に入れました。先月の出張先で手に入れた革靴です。どこが新兵器なのかというと、見た目は普通の革靴なのに靴底がクッションゴム、そしてかかとにエアーが入っています。これまでの政治活動(秘書時代も含めて)で一体何足の靴をはきつぶしたかわかりません。皆さんもご存じの通り革靴はあまり活発な行動をすることには向いていないと思い続けて出会ったこの靴。まさに、運命の出会い!思わず二足買ってしまいました。この新兵器を強力な武器として動き回ります!!


タグ

中村新知事誕生!

圧倒的な強さで中村新知事が誕生しました。松山市での12年間のまちづくりが県民に評価された結果だと思います。

これからは愛媛県の発展にその辣腕をふるって頂きたいと思います。僕の友人は中村さんの講演会に行ってその巧みな話術のとりこになっていました。話し下手の僕にはうらやましい限りです。友人から、もっと勉強するようにと忠告を受けましたので、あれほど講演が上手に出来るのなら明日からでも国政を目指す!!と言わせてもらいました。政治家にとって言葉の力は最大の武器ですから僕の言葉にも重みが増すよう、日々の活動を地道にきっちりと頑張りたいと思います。

明日からは今期最後の12月議会が始まります。質問もひかえていますが、風邪をひいてしまいなかなか作業がはかどりません。子供を寝かせた後にせっせと働いている妻には申し訳ないけれど体力回復に努めたいと思います。と締めくくって寝ようとしたところ、妻が「話しだけでなく文章も下手だね」ときっつーーい一言を投げかけてきました(涙)心の中で「鬼嫁・・・」とつぶやいてこれ以上具合が悪くなる前に寝ることにします。おやすみなさい。


タグ

文化的な一日?!

今日は神郷公民館で土佐琵琶創始者の黒田月水さんの公演を聴きました。黒田さんは高知県観光特使で国内のみならず、世界各地でも公演をされています。演目は『平家物語』と『坂本竜馬』でした。琵琶の音は心地よく、興味深く聴きいることができました。午後からは小学生向けに『耳なし芳一』を演奏されたそうです。琵琶の音色を聴くのは初めてなのになぜか懐かしいような穏やかな気持ちになりましたが、実は琵琶の発祥の地はペルシャだということは初めて知りました。ペルシャからシルクロードをつたって1200年前に日本に伝来したそうです。長い年月を経てこの新居浜で聞けたことを考えると感慨深いものがあります。経済にゆとりがなくなると文化的なものから予算が減らされていくのは世の常ですが、私たちの心を豊かにしてくれるものとして大事にしていかなければなりません。優れた芸術に触れた一日でした。と言いたいところですがやはりそこは肉体派(??)古川たくやですから、夜はお世話になっている方がお店をオープンしたこともあり、1度目は家族と、2度目は消防団の仲間とがっちり焼き肉を食べて来ました。焼き肉を頬張る姿はまだまだ文化人には程遠い・・・と実感した日でした。スポーツもいいけれど、文化に触れる機会も増やしていきたいものです。


タグ

力走!!!

この日曜日の神郷校区文化祭の小学4年生の書道の課題です。当然意味は「力いっぱい走ること」です。僕も今朝は久しぶりに駅伝の朝練に顔を出したり、来春の選挙に向けた打ち合わせ、たまっている陳情の処理、施設の継続が懸念されているマインとぴあ別子の件についての話し合い、そして夜は愛媛マンダリンパイレーツのファンの集いに声をかけてもらい野球教室の約束をしてもらったり、その他もろもろ・・・とまさに元気いっぱい「力走」してきました。感謝すべきは一緒に走ってくれている仲間たちの存在です。体調が悪いのにも関わらず事務所の改装に力を貸してくれたり、自分の仕事を後回しにしてペンキを塗ってくれたり、僕のために時間と労力を使ってくれている多くの人の存在によって僕の「力走」は成り立っています。必ずみんなの期待に応えることが出来る政治家になることを約束するとともに、古川たくやと一緒に走ってくれているすべての人に感謝したいと思います。今後ともよろしくお願いします。


タグ

秘密兵器?

日曜日の7時前、携帯電話の音が聞こえてくるなんてただならぬ予感です。ディスプレイを見ると泉川中学校の先生からです。「子供たちに何かありましたか?」と聞くと来る市内駅伝大会にむけた3キロ測定をするのでレース用のシューズを貸してほしいとのこと。自称、泉中駅伝部応援団長ですので喜んで貸すことにしました。さっそく準備して河川敷に向かいました。朝、街頭に立つまではちょこちょこと朝連を一緒にしたり、別子山に合宿に行ったメンバーたちなので実力もよく知っています。せっかくなのでタイム測定の応援をしました。夏以降記録が上がっている選手、伸び悩んでいる選手、それぞれ違いはありますが頑張っていました。秘密兵器?として僕のシューズを置いて帰りました。来週もタイム測定をして最終のメンバーを決めるそうです。次はすべてのメンバーが3キロ、9分台を出して本番を迎えてほしいです。そんなことを考えていると、女子生徒たちに「いつもスーツでおかしい」と指摘されました。一緒に走れという意味なのか、スーツが似合わないということなのかちょっと気になったりします・・・

エースたちです。

がんばれっ!!


タグ

ダウン!?

祭り中の無理がたたったようで風邪をひいてしまいました。39度前後の熱が出てのどが腫れています。

おまけに病院で年の割に血圧が高すぎると指摘されました。どうしても外食が多い職業ですし、残さず食べてしまう性格のため、改善するためには塩分を控えるように、と指示を受けました。避けては通れない職業病です。

風邪と高血圧との指摘でダブルパンチで寝ていましたが、子どもたちはまだまだ祭り気分。御花の口上や太鼓、笛のリズムを口ずさんでにぎやかです・・・。ゆっくりと体を休ませることができません。

我が家の平穏はいつ来るのやら・・・


タグ

新居浜太鼓祭り

内宮神社のかきあげに始まり、一宮神社の宮入りでついに本年度の祭りもフィナーレを迎えました。変則的な日程で4日間にわたって勇壮な男たちの祭典に僕も関わらせていただきました。太鼓をかく(担ぐ)機会もたくさんあり、両肩はあざだらけです。お世話になった皆さんに心から感謝いたします。来年もよろしくお願いします!

地元こども太鼓には2日間みっちり付きました


タグ

まだまだやれる?

中村時広松山市長が講演のために新居浜市を訪れました。中村事務所には秘書時代からお世話になっていることもあって少ない時間でしたが市内を同行してきました。中村市長と言えば全国を代表する実力派首長であり、強力なリーダーシップのもと、50万人都市を引っ張っている方です。

特に小説「坂の上の雲」をテーマにしたまちづくりは有名で、NHKのスペシャル大河ドラマでも放映され、その波及効果は計り知れないものがあると思います。さらに、地域主権を掲げ、国と対等に交渉することができる数少ない首長です。車中や訪問先でも、行政改革をはじめとする様々な考え方を聞かせてもらいました。落選した翌日からはじめて20年がたつ街頭演説や落選、そして38歳で市長となった時の苦労話は、政治家のはしくれの僕にも学ぶことが多くありました。中村市長は、底抜けに明るくて、燃えるような情熱の持ち主でした。夜の講演会もその元気を会場いっぱいに充満させ、関係者、来場者も元気になりました。僕もこの4年間ほどはアクセルを踏みっぱなしでしたが、中村市長を見ているとまだまだやれる気がしてきますし、もっと元気に頑張らなければならないと思います。新たなステージに挑戦する中村市長に心からエールを送ります。


タグ

第41回、新居浜市民体育祭

新居浜市民体育祭のサッカー一般の部で泉川代表チームとして参加しました。

今回で三回目の出場ですが、前回の体育祭からほとんどボールを触ることなく参加したので、試合よりも年々動かなくなる体との格闘でした。年齢は32歳ながら、一緒に出場した40代のチームメイトの動きをを考えれば体年齢は40オーバーであることまちがいありません。僕より年上の人ばかりのチームですが、かなり足を引っ張ってしまい申し訳ない気持でいっぱいでした。試合も高津代表とあたり8-0と完敗に終わってしまいました・・・。

考えてみると、僕がサッカー小僧だったのは14年以上前、その間ほとんどしていないので動かなくて当たり前ですが、まさに光陰矢のごとしと痛感しました。

ここ数年は新居浜フットサル実行委員会の委員長として様々な大会や中萩のフットサルコートの建設で走り回っていましたが、やはりサポートする側が僕には合っていると感じました。これからも市民が楽しめるスポーツ環境づくりに走り回りたいと思います。

泉川代表チーム

一回も勝っていないのになぜが3位の賞状


タグ