活動の記事一覧

愛媛マンダリンパイレーツと泉中

昨晩、愛媛マンダリンパイレーツ新居浜後援会の交流会が行われました。今回も泉川中学校野球部の顧問の先生と一緒にお邪魔させて頂きました。ここ数年、参加させてもらっているのですが、今までと違うのは新たに新設された顧問の一人として(県議会議員の当て職ですが・・・)受け入れる側になったということです。野球は正直得意とは言えず、ルールも曖昧です。お世話できるのかは自信がありませんが僕なりのやり方で支援していきたいと思っています。

ちなみにタイトルの「愛媛MPと泉中」実は3年前に子供たちのためになれば!との思いでつないでから今回で3回目となる野球教室を開きます。これは、MPの牟田さん、一宮グループの中本さん、野球部の山中先生と僕の四人で構想を練って開催出来ることとなりました。しかも当日は、船木中学校野球部も参加して頂けそうとのことで40人近い野球部生が集合して中学校グランドを所狭しと動き回る予定です。しかも、地元CATV、テレビ愛媛が県政広報番組として駆けつけてくれるそうです。

都合3回目となれば子供たちも慣れたもので、県民球団として身近な存在になってくれればとの思いでしたが、身近になりすぎてなんかありがたみがなくなってしまっているような気がします。

けれども、そのくらい協力してくれているわけですから僕も愛媛MP,しっかりと支援していきたいと思います。ちなみに、新居浜市出身の大井選手が新たに加わりましたから熱い応援をよろしくお願いします。


快哉!!!全国中学駅伝制覇!!

 

やってくれました!新居浜東中女子が全中駅伝で見事に優勝しました。その記録は40分22秒(5区間12キロ)でコース新と言う、とんでもない快挙です。新居浜・愛媛の名前を全国にとどろかした5人と関係者の方々には惜しみない拍手を送ります。

実は、私自身全国大会は一度見に行ってみたかったのですが、やはりそこは地元の泉中に連れて行ってもらうつもりでとってありました。しかし、監督の阪本先生と保護者の方から今回は自信があるので是非との言葉に押されて現地入りしました。現地ではたすきリレーを行う場所と激坂を登りきって下り始めた地点の二か所を行ったり来たりしながら応援していました。3区で田中選手が相手選手を抜いたシーンなどは僕たちの「抜け、抜け!」コールが届いての結果だと勝手に信じています。あまりの騒ぎぶりに隣のボランティアスタッフの人が笑っていましたが・・・

また、コースを移動している際にすれ違う子どもたちの涙には感動しました。様々な涙があると思うのですがきっと今後の人生において大きな糧となることでしょう。この時の想いをしっかりと胸に留めておいてほしいと思います。

今回は、東北・宮城県気仙沼からの移動でした。北へ南へとかなりの移動距離でしたし、ほとんどが車中泊と言ったハードな旅でした。しかしながら、多くのものを得ることが出来た素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。

宮城でも山口でも「精いっぱい日々を生きる」ことを続ける大切さを学びました。決して「日々を生きるのが精いっぱい」では前に向かって進めないと思います。これからも後悔のないように精いっぱい日々を生きていきましょう!

レース直前

さあスタート!!

見事、一番でゴール!!しかし、きれいに撮れてます。携帯で撮ったのですよ。

優勝インタビュー、涙が止まりません。

おまけ、気仙沼で食べたラーメン屋の隣に出現。エゾジカです。


雌雄決す!その時僕は・・・

予想通りというか、大阪府民はさらなる改革への道を選択しました。今後は橋本新市長のもと、国を巻き込んだ大きなうねりが起こってくるものと思われます。特にこの後に控えている国政選挙に向けた動向には注目すべきですし、あのスピード感ですからこれからも話題に事欠かないぐらいさまざまな政策を打ち出してこられるものと思われます。あのカリスマ性は選ばれた者にしか持ちえないものですから大事に使って頂きたいと思います。

また、前日の土曜日にはもう一人のカリスマ?というより自民党における次世代のエース、小泉進次郎青年局長と会議で話をする機会を得ました。同世代ながら(たぶん僕より1,2才年が下。)ですが舌を巻くような見識と橋本市長に負けないくらいの発信力を持ち、間違いなくこれからの自民党を背負っていく逸材でした。特に、対話を重視する姿勢には感銘を受けました。

どちらもこれから中央で活躍する存在、一地方議員の僕とは全くと言っていいほどの違いがあります。しかしながら、そのエネルギーに刺激を受けずにはいられず、興奮しています。

ちなみに、僕はその時、「新居浜市民の会」の皆さんと気仙沼から送られてきた「新巻鮭」をJA新居浜の皆さんのご協力を頂き農業まつりでせっせと販売していました。この新巻鮭は僕たちが復興支援を行っている気仙沼・唐桑から送られてきたもので唐桑の海を守る会の皆さんが丹精こめてつくったものです。牡蠣ファンドに続く復興支援の新たな柱として始めたものです。今回、農業まつりで販売することができたのもJA新居浜の皆さんが趣旨をご理解下さり、300本も買い取っていただけたことにより実現しました。12月15日からの第5目になる支援にも冬野菜のご寄付を頂きます。

今、被災地では自殺や孤独死が相次いでいると伺っています。その一方で、支援物資を届けることで遠く愛媛でも多くの人が復興に向けて力強く応援をしていることも感じていただいています。支援物資を通じた心と心の交流も進んでいます。まだまだ道は険しいのですが、僕は僕なりの方法でしっかりと活動していきたいと思います。しかし、世の中に素晴らしい人は沢山います。


思春期の子ども達について

こんばんは。
古川たくやの義姉の折田菜緒です。

昨日お話し合いをさせていただいた思春期の子どもをもつ保護者の皆様にお礼を言わせていただきたく、突然ですが登場させていただきました。

中学生という難しい年頃の子どもをとりまく様々な問題や対応、たくさんのお話し合いをさせていただきましたが、どの意見も

子ども達により多くの未来への選択肢を増やしていく

というとても大切な共通目標がありました。

たくさんのご意見と熱く楽しい時間をありが
とうございました!!

臨床心理士という立場から中学生や保護者の方とお話しをさせていただく機会は多いのですが、大人数でお話しをすることはあまりないので、とても良い機会となりました。

これからも、子ども達が健やかに成長していけるように大人ができる限りのサポートをしていきましょう!!


タグ

ディベート甲子園。

新居浜西高生が8月6日に行われるディベート甲子園全国大会に出場するので「道州制について」話がしたいと連絡がありました。妻からも「全国大会にでるくらいだから、あなた一人では物足りないのでは?」と言うするどい指摘を受け新居浜市役所の精鋭に同席してもらい市役所内で話をしました。さすが中四国代表だけあってしっかりとした理論武装も出来ていて逆にこちらが指摘される場面もありました。ディベートですから「道州制」を肯定、否定派のどちらが正しいというよりも、如何にして自分たちの意見に正当性があるのかという部分に重きが置かれるので、私たちのように先入観があると頭の切り替えがなかなか出来なくて苦戦しました。目標は決勝リーグに残ることという事なので是非、達成して朗報を聞かせてほしいと思います。私たちも良い刺激になりました。

白熱して予定を大幅に超えました。


タグ

泉川小中学校定例会

昨晩は泉川小中学校定例会に参加してきました。この会は、地元の中学校が荒れているときに地域有志と学校関係者で立ち上げたものです。当時は、今いるメンバーのように地域の大御所ではなく、名もないメンバーが「母校を何とかしたい!」と言う思いで行動しました。今では、学校はずいぶんと落ち着き藤田校長からも、「些細なことだが赴任してから3カ月、通学用自転車のいたずら1件もなくこんなことは初めてだ。」とのお言葉も頂きました。県議になって学校に行く機会が減りましたが、地域・家庭・学校が力を合わせて、子供たちが安心して勉強できる環境を多くの人の力でつくりだせたことは素晴らしいことです。更に小中学校の連帯も進んでいる状況はきっと県内でも先進的なことだと思います。ここ数年での下地づくりは出来たので明るく元気な泉川っ子をどんどん育てていきたいと思います。ちなみ今年も夏の駅伝合宿の季節がやってまいりました。例年のように別子山の皆さんにはご迷惑をおかけしますが今年もよろしくお願いします!


6月議会開会。

本日から6月議会が開会します。約29憶7千万円の補正予算案を審議します。その議案のほとんどは震災対応のもので、今後行われる代表・一般質問もこの度の災害を受けたものになってくることと思います。昨日も気仙沼市唐桑でお世話になったご夫妻に連絡したら相変わらず元気いっぱいで逆にエネルギーをもらいました。今も、家の前のガレキと格闘しているようですが、やはり重機を擁していないボランティアの限界も感じているようです。ガレキがなくなって初めてスタート地点に立てることを考えると行政としてどこでどのように使われているかわからない義援金より、地元建設業者を雇い、復興支援部隊としてある程度限定した地域に送ることの方が地元にも、被災地にも喜ばれる支援ができ、確かなきずながうまれるような気がします。あんなに元気でエネルギッシュな方でも被災当時は無口になっていたそうです。少しでも早いガレキの撤去とその後の復興に向かって、我々も切れ目なく、スピード感をもって対応していきたいと思います。


片男波親方。

去る6月4日(土)、県立愛媛学園に片男波親方と一緒に来園してきました。学園とは色々な御縁を頂いているのですが親方とは初めてです。新弟子勧誘?の一環として子どもたちに向けて講演をしました。親方は失敗を恐れずに一生懸命に何事も取り組むようにといったアドバイスを生徒にしていました。その後、親方と生徒による取組も見せていただきましたし、感謝の気持ちがこもった素晴らしい和太鼓の演奏も聞かせていただきました。親方からもまた定期的に訪問したいと言って頂きこれからが本当に楽しみです。

更に今朝は、今月の8日から宮城県、福島県に災害支援の視察とボランティアに行きますが、その際に石巻市立大川中学校野球部に野球の道具を持っていく準備をしていました。特に泉川中学校の野球部にはまだきれいな道具とそれぞれに心のこもった手紙を書いてもらい現地に持っていきます。詳しいことはまた、後日報告します。


自由民主党愛媛県支部連合会第55回定期大会。

いわゆる自民党県連の大会がありました。かれこれ10回近く秘書時代から参加しているのですが、仕事は相変わらずのようです。秘書の頃は、来賓のお出迎えからお茶出し等が仕事でしたが現在は入り口にて大会用のパンフレット配りです。立場は変われど仕事は変わらず雑巾がけをやっています。しかし、大会宣言にもあったように日本は今、未曾有の国難に遭遇し、国家の存亡、盛衰を決する重大な岐路に立たされています。雑巾がけであっても、国家を左右する決断であってもそれぞれの立場の人が一生懸命に与えられた仕事を成し遂げていかなければ日本は変わらないとも思います。たかが雑巾がけ、されど雑巾がけ。しっかりと政治の下積みという名の雑巾がけをしていきたいと思います


タグ

カラオケ発表会。

3月13日(日)10時から市民文化センター大ホールで、お世話になっている田中先生が主催する「カラオケ発表会」が開催されます。ゲスト歌手に松原のぶえさんをお迎えするそうです。そして何よりありがたいのが、発表会を通じて地元に貢献したいとのお言葉を受けて市内にある「まさき育成園」の園生たちによる和太鼓の演奏の時間もつくってくれました。そして、その日に集まったチャリティー募金を出演料として寄付していただけるそうです。まさき育成園に関しては、以前理事長さんに相談を受けてから色々と気になっていたので、こういった機会につながりができて良かったです。また、仕事のお世話も知り合いの企業が興味を持ってくれているのでそちらも何とか形になるように努力してみます。その他にも泉川中学校吹奏楽部による地域の福祉施設の訪問などつながりが広がっています。多くの人がつながることによって今まででは出来なかったことを可能にして、もっともっと新居浜を元気にします。


タグ